人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

GUERLAIN  ルージュ ジェ レクストレ COLÈRE 25

9月になりましたね。
今日は朝からすごい勢いで雨が降って、日中は心なしか涼しい風が吹いたように思います。
まだまだ暑いですが、少しずつ季節が変わっていくのを肌で感じます。

そうなってくると、もう秋物にしか気が向かなくなります。
25歳になったので、この秋は赤リップをサラっと使いこなしたい。
そんな欲求が高まっている中で、さくら先生と共にゲランのメイクアップサービスにお邪魔しました。
さくら先生のため息モノのゲラン記事はコチラ
(美しい写真&緻密で詩的な文章は圧巻の一言。一つ一つのアイテムに対する愛情がヒシヒシと伝わってきます。頭が上がらない…)



そしてそこで購入したのがこちら。
f:id:mizuochacha:20120831132526j:image:w640
今秋デビューの新リップグロス、ルージュ ジェ レクストレム COLÈRE 25。
同ブランドのルージュ ジェと同じ、鏡面仕上げのピッカピカのボディに洗練されたフォルム。
ルージュ ジェは使ったことが無いので、このケースは初体験です。
手に馴染む適度な重量感。どうしてこんな重みがあるかというと…

f:id:mizuochacha:20120831132906j:image:w640
チップを引き抜くと鏡がお出まし。無駄の無い合理的な設計。
高級感とシンプルさと利便性が共存する素晴らしいデザインだと思います。

このレクストレム、7色展開なのですが、粋なことに各色に7つの大罪の罪名が付けられています。
厨2心をくすぐります。

その中で私が選んだのはCOLÈRE。意味は【憤怒】。なんですと…?
(選んだ時点では名前の意味は知らず)

私は学生時代まで日本刀並みにキレやすい性格で、たびたび周囲との関係を破壊していました。
しかも一回キレたらかなり長期間その怒りを引きずるのでとてつもなく面倒くさい人間だったと思います。
しかし大学4年になったあたりからそんなではダメだなあと性格を改め、以来大分キレないようにはなったのですが、
まだまだ芯の部分にはその怒りやすい性格が残っていて、無意識の内にそれを罪と感じていたからこの色を選んだ…
なんてのは考え過ぎでしょうか。

ていうか私はどちらかと言うと暴食の方がしっくりくる気が(ry



まあ、そういうの抜きにしても、純粋に色がとても美しいです。

f:id:mizuochacha:20120831132925j:image:w640
パール・ラメ無しのTHE 朱色。
少し日本的な要素も感じられる色です。舞妓さんがつけていそうな。
肌に馴染むので、赤リップの中でもつけやすいかと。
質感はマットですが、そこはさすがのゲラン。
ただマットなのではなく、ベルベットのような滑らかさがあり、昔の口紅のような古臭さは全くありません。
フォギーで耽美的な質感で、ツヤツヤウルルン☆な唇よりもむしろドキドキするような唇に仕上がります。
これぞ大人の為のリップグロス。


f:id:mizuochacha:20120831133745j:image:w640
そして色の出具合の調整が結構できるので、カジュアルに付けたい時は少量を唇の中央に置いて全体に馴染ませる、
しっかり付けたい時はチップでリップラインからしっかり縁取って全体を塗りつぶす、というように使うと、
リップライナーやグロスなど他アイテムに頼らなくても印象をガラっと変えることができます。
今はまだ暑いのでカジュアル付けを、服が厚くなってきたらしっかり付けをしたいと思います。



という風に、理想的な赤リップを手に入れて俄然テンションが上がっております。
秋には余裕でつけこなせるように、練習練習…。