人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

フリーランスになって半年経った

フリーランスになって半年経過しました。

3ヶ月経ったときにも所感を書きましたが、その頃より思うところが少し変化したので備忘録的に書いておきます。

フリーランスになって3ヶ月経った - 人の目を気にしながら生きる

 

アウトバウンドは相変わらず壊滅的だけど幸いインバウンドはある

3ヶ月経過した時点で、「アウトバウンドできなさすぎてヤバいなんとかしなきゃ」と書いてましたが、今でも全くできてません。

というか、もはややってません。諦めました。

 

幸い、紹介だったりTwitter経由でのご依頼があったりでなんとか食いつないでいけていて。 

が、基本は単発か3ヶ月単位の業務委託契約なので、いつ終了するかわかりません。(実際終了した案件もあるし)

 

当たり前ですが不安定な状況には変わりなく、自分で案件取れる力があったほうがいいに決まってるんですよね・・・

インバウンドでつないでいけるほうが安心ではありますが、営業力のなさに不安が拭えない・・・

 

ていうか私は多分、どんな状況に置かれようが、それこそ会社員だろうがフリーランスだろうが常に将来を不安に思うタイプだとここ数ヶ月で気づきました。

フリーランスとして生きられれば将来への不安はなくなるかもしれない」と甘い考えを持っていた自分を殴りたい。

 

目標持ってきらきら働いている人が眩しい

フリーランスとしていろんな会社さんのお手伝いをしていて感じるのは、目標に向かって全力で働いている人たちが眩しくて眩しくてしかたないということ。

揺るぎない理想があって、どんな苦難があっても乗り越えようとする人は美しい。

めっちゃ羨ましくなります。

彼らに比べたら、自分はなんて虚ろな存在なんだろうと思ってしまったり・・・

 

いろんな会社さんと関われるのはすごく楽しいのですが、外部なので深く入り込めるわけではなく、どこかで一歩引いてしまう自分がいます。

外部の人間としていろんな企業と関わっていくこと自体はもちろん悪いことではないんですが、自分自身がこの状況を楽しめるようになるかどうか・・・

もしくは、やりたいことを見つけるか。

 

意外と、会社員時代と生活リズムは変わらない

取引先が平日昼間に稼働するので、 その時間は稼働してないと連絡取りづらくていろいろ遅くなってしまうんですよね。(フリーランスになりたての頃は昼夜逆転

してたけどいろいろ支障が出た)

 あと、やっぱり休日はしっかり休みたい。友達とも遊びたい。

なので、平日の日中は働いて週末は休むというサイクルに戻りつつあります。たまに徹夜したり土日稼働したりするけど会社員時代もあったし。

 

まあ、今インドにいて時差3時間半あるから若干業務時間ずれてるんですけどね。

 

お金の使い方は変わった

明らかに変わったのはお金の使い方。

飲みに行く機会が激減し、交際費や飲食費が浮いた結果、時間と場所に投資するようになりました。

まずは時間をお金で買い始めました。ドラム式洗濯機を購入して洗濯関連の手間を削減してみたり、ハウスクリーニング依頼してみたり。デリバリー依頼する頻度も増えた。

特にドラム式洗濯機の導入はかなりQOL高まりました。

 

場所に関しては、とりあえずいろんなところに行ってみてます。

7月は憧れのホテルかんづめをやりました。9月は沖縄に10日間滞在して、そのあとすぐインドに来ました(取引先の1社がインドにあって、一度オフィス来なよということでご招待いただきました)。

 

ただ、フリーランスだから所関係なく働けるとはいっても、ライターだと取材があるから東京離れると仕事に若干支障が・・・

これからどこか行くとしても一週間ぐらいにおさえようかなと思います。

 

 

 

こんな感じでしょうか。相変わらず薄い。

 

フリーランスになったら誰もが一度はイキる時期があるそうですが(そして一度凹んでまた成長するという)、私は不安が大きすぎてイキる境地にすら到達できない気がします。

 

どんなステータスになろうが将来への不安は消えないので、そんな自分と折り合いつけて生きていくしかないですね。

現金5,000億円ぐらいあれば不安は消えるかもしれんけど。