人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

幸せの赤身肉地獄―肉山@吉祥寺

結構前に、j-waveの「Hello World」というラジオ番組で肉特集が組まれていて、そこでいの一番に紹介されたのが吉祥寺にある「肉山」でした。

 

・提供されるのはおまかせコース1種類のみ

・厳選された数種類の赤身肉がひたすら延々と出てくる

・店主は元々ホルモン屋で働いていたが、脂っこい肉ではなくあっさりした赤身肉を提供するお店を開きたい!という思いから始まった

 

という感じの紹介を聞いて、赤身肉好きだし、吉祥寺近いしで猛烈に行きたくなったので、今度行ってみようかなと思ったらMCのDJタローが「でもここ全然予約取れないんだよねー」みたいなこと言ってて、

 

「あ?予約の取れない店紹介してどうすんじゃボケ( ^ω^#)メディアで取り上げるべきはまだまだ知られてないけど本当に良い物を提供している店じゃろうが!!」

 

と、思わず自分が考えるメディアのあるべき姿を振りかざしてブチ切れてしまいました。

(単にすぐに肉山に行けないことに対してのフラストレーションがでかかっただけです)

翌日になっても怒りは収まらず(どんだけ)、吉祥寺在住の会社の先輩に愚痴をこぼすと

「ああそこな、今度行くで」

 

…(^O^)…コレが格差…

 

しかしその人も今年の1月にお店に行った際に次の予約を取ろうとしたら6月が最短だったとのこと。半年待ちとか…

今度予約取った時に連れていってくれるとのことだったので、気長に待とうと思いました。

だがしかし、福音は突然舞い降りたのでした。

 

「1人来れなくなったから代わりに行かない?」

 

神よ…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

願いは届くんだなと思いました。

 

というわけで前置き超長くなりましたが吉祥寺にある赤身肉専門店「肉山」に行ってきました。

f:id:mizuochacha:20140621150419j:plain

お通しのキムチとトマト。トマトが宝石みたいに綺麗でした。

 

 

f:id:mizuochacha:20140621150428j:plain

まずはビール。肉の量が半端ないと聞いてたので、飲み物でお腹が膨れないようペースを調整しながら飲みます。

 

f:id:mizuochacha:20140621150410j:plain

肉につけるタレは3種類。なんだったか忘れた…あと肉自体にしっかり旨みがあったのでほとんど使いませんでした。

 

f:id:mizuochacha:20140621150436j:plain

これは確か…エリンギだったかな…?とりあえずでかくて甘かったです。

 

f:id:mizuochacha:20140621150444j:plain

肉第一弾。何の肉か忘れた…弾力があり歯ごたえ抜群。決して硬いとか噛みちぎれないとかではなく噛みごたえのある活きの良い肉でした。

 

f:id:mizuochacha:20140621150500j:plain

もろきゅう。水分をたっぷり含んだみずみずしいきゅうりでした。丸太みたいに大量に積まれてたな

 

f:id:mizuochacha:20140621150506j:plain

これは…ランプ肉だったかな…いや違うか…肉の表面はしっかり焼かれているんですが中身は限りなくレアに近く、肉汁がジュワッと…美味しかったな…

 

f:id:mizuochacha:20140621150525j:plain

これも何の肉か忘れました(すみません)。一番肉々しい肉だったかも。一応これで5人前なのですが、1人1枚ステーキを食べてるような感覚になりました。

 

f:id:mizuochacha:20140621150533j:plain

焼きアスパラ。甘かった。ひたすら甘かった…

 

f:id:mizuochacha:20140621150540j:plain

これは短角牛のソーセージ。短角牛は岩手の名産で、脂肪分が少ないヘルシーな赤身肉が特徴とのことです。確かにあっさりめでしたが、旨味が凝縮された逸品でした。

 

f:id:mizuochacha:20140621150549j:plain

次は牛ももだったかな…これ、見た目から想像されるより遥かに柔らかいです。

他の肉に比べると少し脂肪分が多かったかな。しかし美味しすぎたので満場一致でお代わりすることにしました。

 

f:id:mizuochacha:20140621150558j:plain

ラスト。これもどこの肉か忘れた…厚切りだったのですが柔らかくて美味しかったという記憶だけは残ってます。

 

締めは卵かけご飯かカレーライスが選べます。

私は迷うことなく卵かけご飯をオーダー。

 

f:id:mizuochacha:20140621150607j:plain

卵黄の色が濃い…ご飯にもう味がついてたので特に何も入れなくても良いのです。

どういう味つけしてたのかわかりませんでしたがとりあえずお腹いっぱいになりかけでもバクバク食べれちゃうぐらいには美味しかったです。

 

f:id:mizuochacha:20140621150623j:plain

カレーライスはこんな感じでした。カレールーを卵かけご飯にちょっと混ぜるとヘブン状態に…

ペース配分が上手くいったのか最後の締めまで美味しく頂けました。

 

「いやー食った食った(^O^)もう結構お腹一杯だし、これ以上出てきたら危なかったな。ちょうど良い量でよかっ…」

店主「ごめん、一品出し忘れてたわ(^O^)」

 

f:id:mizuochacha:20140621150613j:plain

ん…?目の前にあるのは…肉山…?

おかしいな、私達が今いるお店は肉山で、でも目の前には肉山があって…ん…?

 

最後の最後に出てきた山盛りの肉に唖然としながらも(るろ剣で言うと葵屋を襲撃してきた蝙也と鎌足を倒した後に登場した不二のような存在でしょうか)、最後の力を振り絞って食べたら…ああ…美味しい…でもお腹が一杯だ…でも美味しい…

 

物凄い贅沢な地獄のような苦しみに悶絶しながらもなんとか全部食べきりました。

これだけ食べて、ビール、ワイン1杯ずつ飲んで1人6,000円ほど。

普段の飲みからすると高めですが満足度は超高いです。いや6,000円は安いんではないかと思います。

 

その場でまた次の予約をしたのですが、次回は11月半ば…

本当に人気なんですね。でも半年待つ価値はあります。

死ぬほどお肉食べてもうしばらくは食べなくていいかなと思いましたが、もう半年後が待ち遠しいです。