読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

【ビールのお供に】激辛ペヤングやきそば

一昔前に、辛すぎるとネット上で話題になった激辛ペヤング(通称:赤ペ、激ペ)。

もうブームも去ったし置いてるお店も少なくなってきましたが、2ちゃんを見てると必死に在庫のある店舗を探し求めたり、アマゾンで箱買いするほど根強いファンも少なからずいるようです。

私もその1人です。

 

激辛ペヤングのその辛さに最初は仰天しましたが、食べていくうちにいや、これは意外といけるんではと思い始め、遂には手元に激ペが無いとちょっと不安を感じるぐらいの中毒者になってしまいました。

 

そもそもペヤング自体数えるぐらいしか食べたことないんですが(西日本出身なので)、このペヤング独特の安っぽい味と激辛のハーモニーに妙にハマってしまいました。

 

 

f:id:mizuochacha:20140525145838j:plain

あの見慣れたペヤングのパッケージが紅に染まっています。慰める奴はもういません。

 

 

f:id:mizuochacha:20140525145846j:plain

ビニールを外すとただのペヤングです。なんとこちらには激辛ペヤングと認識できる表記は一切ありません。

 

 

f:id:mizuochacha:20140525145854j:plain

中身もまるで普通のペヤングと変わらない(はず)

ソースが激辛の元凶なのですが、見た目本当に普通のソースです。

この普通の見た目に安心して舐めてかかった人が大量にいたようですが、大体の人がその見た目とは裏腹の激しい辛さにボコボコにされ、すれ違う心は溢れる涙に濡れてしまったようです。

 

 

f:id:mizuochacha:20140525145902j:plain

完成。セブンの一番くじでたまたまキリンの一番搾り当たったのでそちらをお供に。

うんめー( ^ω^)

 

 

この記事を読んで激辛ペヤングを食べたくなってしまった方は、走りだすでしょう。何かに追われるように。SUGIZOのヴァイオリンが素晴らしいですね。)