読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

SHEBAM!でPOW!なGuerlain’s New Orange Items

ブログも私もオムライスに侵食され気味なので最近買ったお化粧品の記事も書いてみようと思います。

 

f:id:mizuochacha:20130615130802j:plain

 夏に備えて、ゲランでオレンジアイテムを3つ購入しました。

 

f:id:mizuochacha:20130615130127j:plain

シャインオートマティックの今季限定色の740コライユオラ。

 

シャインらしいシアーで透けるような発色ながらオレンジの色味はしっかり感じられる発色。ものすごく細かいゴールドラメのおかげで華やかな印象になります。

ゴールドラメがぎっしり入ったオレンジってギャルっぽい方向に転びがちですが、このリップはどう間違って塗っても上品に仕上がってしまいます。

 

思ったより肌なじみの良いコーラル寄りのオレンジなので、重ね塗りしても浮くことはなく、光の加減のおかげで艶と立体感が強調されます。

 

 それにしてもこのパケ本当に素晴らしいですよね。蓋なしで片手でスライドすれば中身が出せる機能性と、無駄の無いシンプルで普遍的なフォルム。機能美と造形美が融合していて、どちらも追求して結局中途半端に終わった外印さんもきっと手放しで褒めてくれるでしょう。

 

 

f:id:mizuochacha:20130615130203j:plain

こちらはこの春の新製品、グロスダンフェールのオレンジ選手、420ルージュ シェバム。

 

この春に出たグロスダンフェールとラ ラック クルールは60年代のピンナップ・ガールをイメージして作られたものらしく、グロスの方はフランスの作曲家セルジュ・ゲンズブールブリジット・バルドーのコラボ曲「comic strip」からインスピレーションを受けてネーミングされたそうです。

 

ちなみにこういう曲です。


Brigitte Bardot & Serge Gainsbourg - Comic Strip ...

まさしくアメコミから抜け出してきたような完璧なルックスを持つブリジットとシュールでポップな雰囲気の世界が妙にマッチしてて素敵。60年代に作られた曲ですが今聴いても全然オシャレです。ぼってりとした色っぽい唇と意志の強そうな大きな瞳を持つBBは女性の永遠の憧れです。

 

このオレンジの「シェバム」という名前は「comicstrip」内の最も印象的なフレーズ「SHEBAM!POW!BLOP!WIZZ!(全てアメコミの擬音語)」から取られたものなんでしょう。弾けるような語感通りの、夏らしいポップで熱のあるオレンジです。

 

それにしてもこのオレンジ…好き。

写真で見てもわかるぐらいゴールドラメがチラチラしていますが、塗ってみると普通の蛍光灯の下ではラメはほとんど目立ちません。無論、砂が付いているようには見えません(中学生の時にメイ◯リンのラメぎっっっしりリップを喜んで塗りたくって友達に「砂ついてるみたいだよ」って言われても聞く耳持たずだったため黒歴史が長引いたのも今では良い思い出です)

でも少し暗めの照明だと途端に美しいラメが表出し、唇が主役に躍り出ます。

ラメが、というより、唇自体が輝いているように見えます。

というのも、グロスのテクスチャが割りと緩めなのにも関わらず唇にピタッとくっついてすぐに唇に馴染むので、グロスが厚くついてビニールみたいな艶がでるというのでは無く、唇自体が水分をたっぷり湛えてツヤッキラッとしているような感じがするんです。

ベタつきは無く、つけ心地もとにかく軽い。でもモチが良い。コーヒー一杯とアイスを食べた後でも艶と色味は保たれていました。

あとこのグロス、ベジタブルオイルが配合されており、唇の水分蒸発を防いでくれる機能があるのですが、そのおかげか唇をプリプリに見せてくれる効果が凄いので、ややオーバーリップ気味に付けると良いと思いました。やり過ぎない限りはまず下品にはなりません。これでちょっとはBBに…はい近づけません。すみません。

 

最近は軽いテクスチャーのグロスが市場を席捲していますが、ハイブランドでも超軽いけど当然の如くフィット感やモチはイマイチっていう商品が多いので(ディオールのアディクトグロスとか。好きですけどね)、ゲランみたいに軽さとモチを両立しちゃう欲張りな姿勢を見せてくれると良いな…なんて

 

 

f:id:mizuochacha:20130615130250j:plain

こちらもこの春の新製品、ラ ラック クルールの143ナエマ。

ラ ラック クルールの方は基本的にはルージュオートマティックと同じ色展開で、その他に数色ゲランの香水の名を冠した色があるという感じです。

 

このオレンジもルージュオートマティックの143ナエマと同じ色です。そもそもは歴史あるゲランの同名の香水から来ていて、そのオレンジやパッションフルーツとバラの香りからインスピレーションを受けたのでしょうか。

鮮やかなんですがコーラル寄りで意外と馴染むしやっぱり上品です。ゲランはどんな色出しても全て上品になる運命のようです。

 

f:id:mizuochacha:20130615130614j:plain

写真だとちょっとわかりにくいんですが、ブラシの先端が絶妙に丸くカットされているため爪の根元にフィットしてとても塗りやすいんです。更に筆自体に厚みがあり、液をたっぷり含ませることもできる(もちろんしごけば調整できます)ので足の爪が異常にでかい私でもペディキュアが楽ちんです。

 

ブラシもさることながら液も優秀です。

カウンターで「一度塗りで十分です!!」と力説されてでもこういう色ってはっきり発色させたいから二度塗りは必須だろうなあって思ってた…そんな時期が私にもありました。

 

f:id:mizuochacha:20130617122815j:plain

こちら1度塗り。完璧にボトルと同じ色が出ました。ブラボー!!トップコートつけてないのにツヤツヤです。

 

いやあほんと、発色良過ぎてびっくりしました。1度塗りでもムラが目立たず、均一に綺麗なオレンジ色に。乾きも早くてありがたい。

 

正直今まで出てたゲランのネイル、色は綺麗なのにイマイチ塗りにくかったり乾きが遅かったりしたので(値段は結構するのに…)、今回大幅に改善されて本当に良かったです。シャネルやYSLと比べても遜色ないレベルです。

 

 

 

とまあオレンジまみれなわけなんですが、梅雨なのに何故か雨降らないし暑いんで既に夏気分全開でガンガン使っております。いや逆に雨の日こそオレンジで気分上げるのもありですね。

てか雨はそんなに嫌いじゃないので(時と場合による)、もうちょっと降っても良いんじゃないかなあと思う今日このごろ…