人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

NARS 2012 Summer Collection トリカラードアイシャドー 9967

先日、お世話になっているスリジェさんに連れられ、
NARSのインケースに初参戦してきました。

スリジェさんはお化粧に精通している矯正歯科の先生です。
運営されているコスメブログでは、圧倒的なクオリティを誇る記事を更新されています。
毎回脱帽しています。コスメ好きは必見です。
オーガニック大好き、矯正歯科医さくらのコスメ王国

そしてインケースとは、ブランド専属のメークアップアーティストさんに
無料でメイクをしてもらえるメイクイベントのことです(要予約)。
今回は5月11日新発売のNARSサマーコレクションのアイテムをメインにメイクして頂きました。



f:id:mizuochacha:20120515212612j:image:w360
サマコレのルック。かっこいい(^^)



いやしかし、緊張した…
プロのメークアップアーティストにメイクしてもらったのなんて初めてで。
今回担当して頂いたT氏はすごく気さくな方でしたがそれでも終始緊張が解けることはありませんでした。

そんなハイパー緊張タイムのなか、施されたメイクがこちら。

f:id:mizuochacha:20120515125543j:image:w360
NARSは、メイク後このようにどのアイテムをどの位置にどのように使ったかを
細か〜く書いてくれるんです。素晴らしいホスピタリティですね。

T氏に、サマコレのルックみたいなのにしてくださいとお願いし、
理想通りのナチュラルで艶やかで夏っぽい仕上がりになりました。

そして今回メインで使ったアイシャドウをお買い上げ。

f:id:mizuochacha:20120514115033j:image:w360
NARS トリカラードアイシャドー9967

f:id:mizuochacha:20120514115016j:image:w360
左から、よく光るシルバーグレー、パールたっぷりで艶を出してくれるゴールドベージュ、
日焼け感がでるマットなアプリコットオレンジのセットです。
熱を感じるアースカラーと清涼感溢れるシャーベットカラーの組み合わせ。
ほんと夏!!って感じのパレットですね。

ベースメイクは、品切れ状態が続いていた大人気の新製品ティンティッドモイスチャライザーを使ってツヤ重視の仕上がりに。
マルティプル1515をCゾーン、まぶた、鼻骨あたりに塗って光を足します。
(それ以降のベースメイクが複雑&早すぎて、何回も質問したのに覚えられませんでした…orz)



アイメイクの手順は下記のような流れでした。

1.NARSソフトタッチシャドーペンシル8201(パーツたっぷりのシャンパンゴールド)を
上下まぶた全体に。

2.9967の真ん中のベージュを上下まぶたの内側から外側へ伸ばす。

3.NARSアイライナーペンシル8002(マットなダークブラウン。かなり柔らかめの芯です)を手の甲にグリグリと出して、
それをブラシに取り、ダブルシャドウのような、影を作るような感覚で目尻〜まぶたのくぼみ部分に伸ばす。

4.9967のオレンジを3の上に重ねる。
そうするとオレンジがより夏っぽく綺麗に発色するんです。びっくりですね。

5.9967のベージュでオレンジを少しぼかすように重ねる。

6.9967のシルバーを目頭上下に結構強めに入れる。発光します。

7.NARSアイライナーペンシル8003を上下目尻から3分の1まで入れる。
インサイド、アウトサイドしっかりと。

8.NARSシングルアイシャドー2013(マットなブラウン)を7のラインに重ねる。

9.仕上げにNARSラージャーザンライフボリュームマスカラを上下たっぷりとつけて完成。


チークは新色の4035を頬骨にそって入れ、日焼け感を強調。

f:id:mizuochacha:20120515212611j:image:medium
これも夏っぽいオレンジ。日焼け感出すのにぴったりですね。
たっぷりのせて全然OKな感じでした。


リップは、

1.ベルベットマットリップペンシル2472(新色)を唇全体に。
f:id:mizuochacha:20120515221629j:image:medium

2.その上にベルベットグロスリップペンシル9108(新色)を重ねる。
f:id:mizuochacha:20120515221628j:image:medium

3.リップグロス1603(クリア)を唇中央に少量のせる。

4.アイメイクにも使った8201を上唇の山になっている部分の外側と下唇の中央の外側に引き、ハイライトに。

こんな感じです。
鮮やかなローズピンクにシャイニーゴールドを重ね、クリアグロスを重ねると、
深みがあるのにキラキラ軽やかな口元に仕上がってしまうのです。
何ということでしょう。



今回、初めてプロのメイクを体験したわけですが、本当に勉強になりました。
上記のアイメイクもチークもリップも自分じゃ一生到達できないような組み合わせ、入れ方。
お化粧がうまくなりたいなら、メイクの幅を広げたいなら、とびきり上手いメイクを体験し、
そのテクを盗むのが一番の近道だとひしひし感じました。
雑誌の代わり映えしないメイクばっかり見て、メイクがワンパターンになっていた自分が情けない。
雑誌だけ読んでいてもダメです。実際に体験しないと。
「書を捨てよ、街へ出よう」です。

更に、T氏はメイクアップだけでなくスキンケアで重視するべき点から丁寧に教えてくれたし、
こっちからいくら質問しても全く嫌な顔1つせず説明してくれて、まさしく1聞いたら10答えてくれる勢いでした。
この日は予約人数が多くてとても忙しそうだったのに。メイクの腕だけでなく人柄も1流でした。



今は購入した9967と手持ちのアイテムでなんとかこのメイクに近づけるように試行錯誤…
すると同時に9967の別の使い方も模索中。いやあ楽しいです。
9967は使うのがすごく難しそうな組み合わせですが、だからこそ活用法を考えるのに燃えるんですよね。



今夏は脱ワンパターン目指します。頑張ります。



(9967以外の画像はNARS公式サイトからお借りしました。
サマコレ以外のアイテムは画像がなかったので載せてません。ご了承ください。)