人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

ワンニャンだらけの台湾旅行 〜足つぼ・日本語教室・夜市編〜

ペヤング激辛と麦とホップ黒で晩酌。
ええなんとでも言ってください。



それでは足つぼ・日本語教室・夜市編行きます。



九份から帰ってきたあと、6星集足體養身會館という台湾で有名な
マッサージ屋さんに行ってきました。チェーン店で、台北に4店舗あるみたいです。

f:id:mizuochacha:20120327152315j:image
すごくきれいで清潔感のある店内でした。

60分で4000円ぐらい。
その60分のマッサージとは別に、5分間の足湯(なんか不思議なぬるぬるしたお湯)つきで、
しかも足湯中も肩や首をマッサージしてくれます。

足湯後は、座り心地抜群のソファに移動し、施術開始。
ソファの目の前に大型液晶テレビがあるので、テレビ番組を見ながら
施術を受けることができます。日本だとあんまないですよね。

台湾では日本の番組もたくさんやっていて、お店の人が合わせてくれたチャンネルでは
ちょうどポチたまが放送されていて、かわいい犬や猫を見ながらの足裏マッサージは
まさに至福というほかありません。
もういっそのこと猫をだっこしながら施術受けたかった。
そういうサービス需要あるのではないだろうか。

足裏はめちゃくちゃ気持ちよかったんですが、ふくらはぎに移ると激痛連発。

私「ぎぃゃぁあああああ」
施術者「睡眠不足^^」
私「ふぅぎゃぁあああああああ」
施術者「リンパの流れ悪い^^」

逆にそれ以外あんまり不調が無くてめっちゃ健康だと思いました。
まあストレスとか無いしね、今は。

両足のふくらはぎの激痛に耐えたあと、ほかほかのタオルで足を拭かれ、蒸され、施術終了。
やたら良い香りのするお茶を出してくれました。

てか、ここのお店のスタッフの皆さん日本語が話せるし、料金表も日本語で書かれてて、
日本人観光客がメインターゲットなんだろうなーと思ってたら、今月のマキアの台湾特集で紹介されてました。
(てかこんな有名なお店わざわざ紹介しなくても…)

とりあえず、隅々までサービスが行き届いている超優良店でした。
あーまた行きたい。

すっきりした後は、一旦家に帰り、周辺を散歩。

f:id:mizuochacha:20120327155043j:image
家の近くの公園にあった巨大な近代アート。


その後2時間ほど仮眠し、先輩と合流。今日はお客さんである会社の社員さんたちに
日本語を教えに行く日だというので、私も連れて行ってもらうことに。

そこは貿易会社で、アジアを中心に展開しているため、日本語も話せるようにしたいという
社長の意向で、先輩にオファーが来たみたいです。

会社に着いたらお弁当が用意してあったので(私の分も!)ありがたく頂いてから授業開始。
その日は計10人ぐらいの社員さんが受講。
普通に日本語で自己紹介しましたw

そして先輩はただ私を連れていったのではなく、社員さんの中の一人が自主的に日本語を勉強していて、
周りの人と学習レベルが違うから、その人に別で日本語の授業をしてほしいとのことで、
かなりの不安に襲われながら引き受けることに。

その方は40代の男性で、こんなガキンチョ相手にとても謙虚で、
日本語を勉強するのが楽しくてたまらないという感じでした。

どの程度日本語がわかるのか聞いてみると、分厚い日本語の教科書を出してきて
日本語を読むことはできるけど話すことはできないとのこと。

自然、英語で会話することに。

だが私の英語力はものすごく低い。TOEICの点数は恥ずかしくて書けないほど低いのです。
そんな、私の異様に低い英語力でなんとかヒアリングしてみると


社員さん「格助詞と接続助詞の違いがわかりません」
私「え!?えーと…(^ω^;)」


そんな単語久しぶりに聞きましたよ…
ただでさえよくわかってないのに、それを英語で教えることなど不可能。
「覚える必要はありません^^」と言っておきました。

とりあえず「は・に・が・を」の使い分けとか、挨拶の使い分けとか、
名刺交換のマナーとかをレクチャーしてきました。

どうしても通じないときは漢字を使えばよかったので、
なんとかコミュニケーションは取れていたかと思います。
というか結構楽しかった。

この時猛烈に英語を勉強したくなりました。


約2時間のレッスン後、先輩と士林という台湾最大規模の夜市へ行きました。

f:id:mizuochacha:20120327220507j:image
学校が近くにあるので若い人が多く、とてもエネルギッシュでした。

手始めにフルーツ系デザートを。

f:id:mizuochacha:20120403003103j:image
杏仁豆腐の上にフルーツがてんこ盛り。
杏仁豆腐とろとろでおいしかった〜(*^_^*)

あとは士林の名物だという牡蠣入り卵焼き、巨大肉まん、
イチゴのフレッシュジュース(イチゴどっさり入れてたのに150円ぐらい)を食べました。

ぜんぜん写真を撮ってないのは、食べるのに夢中だったのと、おいしそうに映せなかったからです…
屋台の料理って盛り付けは二の次だから、きれいに撮るのが難しい…
次に行くまでに写真の腕を上げておかねば。

一通り練り歩いて満足して帰宅。
お家でお酒を飲みながら先輩と旅の振り返りをして、就寝。

次の日、朝6時半に家を出発し、空港へ。
昼過ぎに無事日本へ到着しました。



今回は私の怠慢のせいで平日の航空券しかとれず、日中はほぼ
1人旅になりましたが、有名どころはだいたい抑えられたかなと。
ノープランの割には充実した濃い3日間でした。
それもこれもたくさんアドバイスしてくれた先輩のおかげ…
本当に感謝感謝です(:_;)



そして、台湾に行って強く感じたことは、異国に来た感じがほとんどしなかったということ。
街の看板には日本語が溢れているし、人の見た目もほとんど変わらない。

日本じゃないけどあんまり疎外感というか、アウェー感が無い感じ…不思議でした。
千と千尋も、日本のような、でもちょっと違う、みたいな世界観でしたよね。
まさにあれです。

日本に帰ってきても、あー帰ってきたー!!ていう感じはなくて、地方に行ってきたみたいな。

でも、それでも日本には無い魅力に溢れていました。
成長途中のエネルギー感とか、煩雑さとか。

また行きたい。マイレージ貯めてまた近々行ってきます。

でも他の国も行きたいな…韓国とかバリとかハワイとかフランスとか…


とりあえず大きいスーツケース買います。