人の目を気にしながら生きる

人の目が気になりつつも自由に思ったことを書いているブログです

Beth Orton - Magpie

遂に暖房という禁断の実に手をつけてしまいました。

もう今後しばらくは家にいるときは少しでも寒いとすぐ暖房の温度を上げるノンエコな暮らしを続けることになります。

 
そんなぬくぬくとした部屋で最近よく聴いているのがこちらのイギリスの女性フォークシンガー、Beth Orton です。

 

Beth Orton - "Magpie"

イントロが綺麗ですね。最後のサビのあとの突き抜けるように広がっていく感じもとても好きです。冬間近の広大な草原をイメージさせます。

彼女はもともとはフォークとトリップホップを融合させた音楽を展開していましたが、今作ではフォーク色、というかカントリー色が強いです。

ていうかBeth Ortonは私にはカントリーにしか聴こえないんですがジャンル的にはフォークシンガーとして分類されていて、そもそもフォークとカントリーってなにが違うんだっていうレベルで…もっといろいろ聴いて勉強します…

 

この人今まで全然知らなかったんですが、ラジオで流れててとても好きになって、勢いでこの曲が入ったアルバムも買ってしまいました。

10月に発売されたもので、約6年ぶりのアルバムらしいです。

粒ぞろいの良いアルバムでした。

 

 

 

9月にNew Acoustic Campに行ってからというもの、カントリーチックな音楽が気になるようになりました。

今まであんまり興味なかった木村カエラが10月に出した曲もカントリーっぽくて良いなあと。

 


Sun shower / 木村カエラ

 

ていうかアコギの綺麗なアルペジオに弱いみたいです。

 

そういえばテイラー・スウィフトも好きだけど、彼女はカントリー歌手としてじゃなくて天使のような見た目が好きだな…(最近妙な貫禄出てきて別人になってきてるけど)


Taylor Swift - Mine

 

マジ天使。

ていうか彼女普通にポップス歌手だと思ってたのにwikiとかみるとカントリーに分類されててびっくりしました。グラミーもカントリー部門で受賞してますし言われてみればそうなのかなあとも思いますが…

音楽のジャンルって難しいですね。

 

とまあちょっとカントリーづいていますが今週末は菊地成孔さんのジャズライブに単身乗り込んできます。楽しみ(^^)